鏡石町で子どもの補聴器に助成

 鏡石町は軽度・中等度難聴児に対する補聴器購入費等助成として、身体障害者手帳の交付対象とならない難聴の子どもの補聴器購入費用3分の2を補助する。
 今年度からの新規事業で、対象は町に住所を有する18歳未満の子どもを持つ保護者。
 両耳の聴力レベルが原則30デシベル以上、70デシベル未満で、医師が必要と認めた場合は30デシベル未満も支給対象となる。また町民税所得割合額が46万円以上の家族がいないこと、ほかの購入等助成を受けていないことが条件。
 新規購入費用と耐用年数(5年)経過後に補聴器を更新する費用が対象となる。
 購入前の事前申請が必要で、まずは町福祉子ども課に相談し、医師の診察を受けるなどして助成を受ける。
 問い合わせは町福祉こども課福祉グループ(℡62―2210)まで。