札幌の高橋さん須賀川一小に図書券

児童たちに高橋さんの図書券を寄付

 須賀川ぼたんロータリークラブは13日、札幌北ロータリークラブ元会長の高橋麗秋さんから預託された図書券5万円分を須賀川一小(永瀬功一校長)に届けた。
 高橋さんと須賀川ぼたんロータリークラブは長年交流があり、震災前から何度も福島を訪れていた。
 震災後、同校に図書の保管庫や千羽鶴の寄贈など継続的に支援を続け、今回で12回目の寄付となる。
 寄贈式は同クラブの郡部仁喜会長、安田長蔵前会長らが図書委員6年の味戸心美委員長、吉田乙彩副委員長に図書券を渡した。
 郡部会長らは「新型コロナの影響で高橋さんは直接来られないが、こうして今年も善意を寄せてくださった。子どもたちは新しい本を読み、学校生活に役立ててほしい」、永瀬校長は「震災以降ずっと心に留めてもらい、大変ありがたい。高橋さんのこうした活動や、心の豊かさについて全校集会などで子どもたちに話している」と述べた。
 同校では図書室に「高橋麗秋文庫」のコーナーを設け、約500冊の蔵書で子どもたちと新たな本との出会いを手助けしている。