10日に開運花火は128発打ち上げ

 岩瀬商工会青年部の第23回開運花火の打ち上げご祈とうは、10日午前8時20分からいわせ悠久の里トレーニングセンターで行われ、地区内外からの申込者128発の長旗(つるし)が打ち上げられる。
 厄払い花火は打ち上げの前に祈とうされた長旗が入っており、長旗には祈願者の名前が書かれている。
 開運花火は商売繁盛、事業繁栄、社運隆昌、家内安全、交通安全、無病息災、長寿、学業成就、合格祈願、良縁祈願、安産祈願などを祈願する。厄払い花火は前厄、本厄、後厄、七五三、還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿、老い厄、大厄など厄払いにと大空に開運を願い打ち上げる。
 祈願者にはお払いを受けた「守り玉」が贈られる。
 またコロナ収束を祈願し、「音」「光」「煙」で情景を描く、真冬の真昼の煙花火を150発打ち上げる。