須賀川市内 小・中学校で3学期始業式

始業式 三小 須賀川市内の小・中学校の3学期始業式は5日午前、各校で一斉に行われた。
 このうち須賀川三小(松山祐介校長)では校内放送で、全児童464人が参加して行われた。
 松山校長は「今年は丑年です。急がず慌てず、一歩一歩しっかりと前に進んでいく良さがあります。とてもまじめで働き者です。干支のように根気強く一歩一歩進んでください。3学期は次の学年や中学校につなぐ大切な学期です。学習したことをしっかりと身に付くよう努力してください。3学期も『やる気』『根気』『元気』を合言葉にしてがんばりましょう」とあいさつした。
 児童を代表して6年生の大竹しずくさんが冬休みの思い出と3学期にがんばることを力強く発表した。
 引き続き、生徒指導担当の伊東伸也教諭が思いやりのある生活についての話をした。
 終了後、各教室で楽しかった冬休みの思い出などを語り合い、友だちとの再会を喜び合っていた。

 なお鏡石町、天栄村の小中学校始業式は8日に予定している。