石背柔道会が市武道館を清掃

石背武道館 石背柔道スポーツ少年団の稽古納めは26日に行われ、子どもたちが改修工事のため1月から3カ月間休館する市武道館に感謝の気持を込め清掃に励んだ。
 市武道館は柔剣道場の空調設備設置や照明のLED化、トイレ洋式化、弓道場のシャッター取り替えを行い、利用者の利便性を高めるほか、災害時に避難所として機能する同館の備えを強化する。
 団員約20人は基礎練習で1年間の指導を振り返りながら汗を流した。
 稽古終了後、子どもたちは一列に並び雑巾で畳を清掃し、今年1年を見守ってくれた神棚も拭き清めた。
 高橋巻夫会長は「新型コロナの影響で試合の機会も減り、全国を目指していた人にとっても残念な1年だったかもしれない。しかし、今年頑張ったことは将来必ず生きてくる。来年も頑張ろう」と励ました。
 なお休館は3月31日までで、同団は期間中の稽古をいわせ悠久の里で行う。