新成人該当者は27日から「体調チェック」を 須賀川市

 新成人の新たな門出を祝う、須賀川市の令和3年成人式は、来年1月10日午前11時から須賀川アリーナで行われる。全国的な新型コロナ感染拡大により、福島市で成人式中止を決定したが、市は21日現在で予定通りの実施と式典2週間前にあたる今月27日から出席者に定期的な体調チェックの協力を市ホームページ(HP)などで呼びかける。
 令和3年成人式は平成12年4月2日から翌年4月1日生まれが該当し、今月11日までに受け付けた式典出席を予定する新成人は、市内480人、市外60人の計約550人が申し込み、市では当日700人程度の出席を見込んでいる。
 成人式への出席にあたって市は、受付票裏面記載の「成人式出席者体調チェックシート」に基づき、今月27日からの体調チェックを求めている。
 チェック項目は①平熱を超える発熱(おおむね37・5度以上)がなかった②せき・のどの痛みなど風邪の症状がない③だるさ・倦怠感、息苦しさ(呼吸困難)の症状がない④嗅覚や味覚に異常が出ていない⑤陽性者との濃厚接触がない⑥同居家族や身近な知人にコロナ感染が疑われる人がいない⑦過去14日以内に政府から入国制限・入国後の観察期間を必要とされている国・地域への渡航またや当該在住者との濃厚接触がない―の以上7つ。成人式当日の体温測定も忘れずに行うよう呼びかけている。
 なお一つでもチェックできない項目がある場合は式典出席・会場入りできない。
 式典は宗方和子さんが司会、手話通訳を須賀川手話サークルあゆみ会の鈴木美智代さんと佐藤恵美子さんが務める。
 国歌・市歌斉唱は音声を流すのみに留め、中村龍吉さんへの成人証書授与に続いて、橋本克也市長が式辞、五十嵐伸市議会議長が祝辞を述べる。最後に村上世成さんと佐藤舞さんが代表して誓いの言葉を読み上げる。
 式典の様子はYoutubeでライブ配信するほか、コロナ感染状況によっては実施内容の変更や中止も検討する。