JGAP畜産部門も同時取得

 岩瀬農業高(髙橋豊治校長)は畜産分野の「乳用牛・生乳」、「肉用牛」、「採卵鶏・鶏卵」の3部門のJGAP(日本版農産物安全確認制度)を取得した。
 全国の高校でJGAP畜産部門の取得は6校目で、3部門の同時取得は国内初。
 17日の記者会見で乳用牛・生乳担当の深谷舞さん(生物生産科3年)、肉用牛担当の影山真士さん(同)、採卵鶏・鶏卵担当の棚井未有さん(同)、ほか6人が同席し、喜びや取り組みについて語った。
 深谷さんは「初めてのことばかりで大変でしたが、取得をうれしく思います。2年に一度の継続認証を後輩にも続けてほしいです」と話した。
 JGAP認証を受けた3品目の認証期間は11月20日から2年間。