来年3月27日に聖火リレー市内コース

 県聖火リレー実行委員会は15日、県内の詳細ルートと区間ごとの走行距離を公表し、須賀川市内コースは延期する以前と変更せず、3日目の来年3月27日、栄町東交差点を出発し、tette前や円谷幸吉メモリアルパーク(旧・大町よってけ広場)を経て市役所にゴールする約2・56㌔をランナーが走る。
 来年3月25日にJヴィレッジから全国を巡る聖火リレーをグランドスタートし、県内26市町村28区間、約51・7㌔を各ランナーが走る。
 実行委員会は走行ルートを維持、聖火ランナーも延期前の決定者が優先して走行できるよう進めるとしており、当初の予定通りであれば市内コースは14人が約200㍍ずつ走る。
 出発・到着予定時間やランナーなどは正式発表されていない。
 なおオリンピックや聖火リレーへの機運を高める「聖火リレートーチ市町村巡回展示」は、1月6日から11日まで鏡石町公民館玄関ロビーに、3月4日から9日まで須賀川市役所1階みんなのスクエアにトーチが展示される予定。
 天栄村では10月27日から11月1日まで文化の森てんえいで展示された。