今年も食生活改善の健康カレンダー

来年のカレンダーを贈呈する佐藤会長(左2)たち

 須賀川市食生活改善推進員会(佐藤良子会長)は「2021年楽しく食べていきいき健康カレンダー」を250部作成し、11日に市役所で橋本克也市長に報告しカレンダーを贈呈した。
 高血圧症予防のため減塩レシピや減塩に関する健康情報を掲載したカレンダーを平成10年から毎年作成し、普及啓発活動に役立てている。
 新型コロナ禍の状況を踏まえ、今年はテーマに「免疫力を低下させないバランス食」を掲げ、様々なアドバイスや献立のバランスの整え方、塩分を控えたレシピなどを掲載した。
 内容はコロナの影響で調理実習ができなかったため、これまでの講習会等での料理を厳選し、役員を中心にまとめ上げた。
 公民館など公共施設、市内小中学校、市立保育園・こども園・幼稚園、食生活改善推進員などに配付する。また市のホームページにも掲載する。
 佐藤会長、渡辺三起子班長、熊田美江子班長が橋本市長に手渡した。
 佐藤会長らは「このカレンダーを活用して免疫力を高め、『須賀川は元気だ』ということを証明したい」と思いを伝えた。
 橋本市長は「皆さんの地道な活動が市民の健康につながっており、本当にありがたい。来年は東京オリンピックもあるので、この献立を食べて健康を保ちたい」と感謝した。