来年は節分厄除け射会実施せず

 節分の時期に合わせた須賀川弓道会(玉木幸雄会長)の伝統行事「節分厄除け射会」は、市武道館が来年1月から3月末まで休館となることを受け、来年は実施しないことを決めた。
 例年1月末頃に、市民から寄せられた「家内安全」や「無病息災」、「合格祈願」など様々な願いを書いた300枚以上の鬼の面を会員が一枚一枚射抜き、一年の無事を祈願している。
 市武道館が空調設備や弓道場シャッター取り替えなどの工事で休館となることから、別会場での実施なども検討していたが、今回は見送ることを決定した。