35町内会に大麻2000枚頒布 神炊館神社

神炊館神社① IMG_6788

大麻頒布式でお祓いを受ける石井総代と古籏委員長

 須賀川地方の総鎮守神炊館神社(須田秀幸宮司)は10日、各町内に正月のお札(お正月様)を配る大麻頒布式を行った。今年は新型コロナ感染拡大防止のため、代表で石井敬三氏子筆頭総代と古籏恂祭事常務委員長のみ出席して玉ぐしを神前にささげた。
 新年を迎えるにあたり年末の恒例行事として35町内会に約2000枚を頒布する。
 須田智博禰宜が神事を行い、石井総代と古籏委員長にお正月様を頒布した。
 各町内への頒布は同日午前10時から神社神楽殿で受け付けた。
 個人へのお正月様の頒布(1枚2800円)も同日から始まり、新型コロナによる分散参拝のため、ひと足早く来年の干支である牛のお守りやお札・おみくじも受付に並び始めている。

神炊館神社② IMG_6792

ひと足早く受け付け開始した 「牛」 のお守りなど

 令和3年の元旦祭に向けて、神炊館神社は3が日の混雑を避けるために拝殿の鈴緒を上げ、分散参拝や代理祈とうなどを呼びかけている。今年も茅の輪くぐりを用意し、本殿のライトアップは30日から行う。毎年恒例のどんと焼きは1月7日に予定している。