須賀川・長沼統合校に保健・医療コース

 県教委は令和4年度(2022年度)に統合する予定の須賀川・長沼統合校について、普通科に保健・医療を専門的に学ぶコースを設け、職業観や基礎的な知識を高める。
 12月定例県議会の代表質問が4日に行われ、鈴木淳一県教育長が矢吹貢一議員(いわき市、自民)の質問に答えた。
 保健・医療コースは医師や歯科医、薬剤師、看護師、理学療法士など幅広い医療従事者を志す生徒を対象にする。
 体験実習や特別講義などを通し、医療従事者としての人間性の醸成を図る。保健医療系進学に向けた学習指導、進路指導を充実させる。