8日から須賀川市議会一般質問

 須賀川市12月議会一般質問は8日から10日まで3日間行われ、13議員が登壇して市政各般について市当局と答弁を交わす。
 8日は石堂正章、溝井光夫、鈴木洋二、堂脇明奈、髙橋邦彦の5議員、9日は大内康司、大柿貞夫、鈴木正勝、大寺正晃の4議員、10日は熊谷勝幸、深谷政憲、横田洋子、斉藤秀幸の4議員が登壇する。
 一般質問要旨は次の通り。
◇8日▽石堂正章議員=原子力災害対策(空間放射線量測定、除去土壌等の搬出など)新型コロナウイルス感染症対策▽溝井光夫議員=待機児童対策(現状、これまでの対策など)文化財の保存活用(県文化財保存活用大綱と市文化財業務の関わりなど)▽鈴木洋二議員=重度心身障がい者医療費助成制度、保育所・保育園の民設民営化(現在の状況、今後)「乳がん」「子宮がん」検診、子どもの貧困(対策、学校におけるキャリア教育)▽髙橋邦彦議員=小中一貫教育(市の取り組み、稲田学園の取り組み)
◇9日▽大内康司議員=文化センターの改修工事の現況と再開予定時期、新型コロナウイルス感染対策(地域外来の現状、市における第3波発生への対策)インフルエンザ予防接種の児童に対する2回接種助成、市の新年度保育所及びこども園への申し込み状況と対策▽大柿貞夫議員=障がい者雇用の促進、観光事業の取り組み(観光資源の情報発信、スポーツ合宿など)▽鈴木正勝議員=コロナ禍を克服する令和3年度予算編成と財政運営、デジタル社会がひらく新しい暮らしの推進(行政手続きのデジタル化促進とマイナンバーカードの取得促進、GIGAスクール構想の実現で誰1人取り残さない教育の推進)▽大寺正晃議員=商店街の活性化支援(商店街歩道の利活用、公共施設の駐車場)
◇10日▽熊谷勝幸議員=聴覚障がい者に対する支援、公民館の活用状況▽深谷政憲議員=保育施設の民設民営化、今後の市道整備と維持管理▽横田洋子議員=生活保護制度(コロナ禍での現状、10月改定)コロナ対策の取り組み(保育施設等職員への慰労金支給、介護サービス利用料の臨時的取り扱いなど)プール施設の在り方(学校プールの考え方、市営プールの今後)▽斉藤秀幸議員=翠ケ丘公園(P―PFIの事業内容、今後の展望など)墓地公園(現在の状況、自然葬)