まちなかJAZZライブ大にぎわい

極上のJAZZナンバーに引き寄せられる市民たち

 須賀川市内の商店街有志による「松明通りの歩道利用を促進する会」(円谷誠会長)の音楽イベント「まちなかJAZZライブ」は29日、tetteたいまつホールなどで開かれ、世界を舞台に活躍するバンドjaja(ジャジャ)の奏でる大人の音楽でtette周辺が大にぎわいした。
 須賀川中央商店街振興組合、こぷろ須賀川の後援。
 コロナ禍で影響を受ける商店街のにぎわいを取り戻そうと有志が同会を立ち上げ、初のイベントを企画した。
 jajaは平成16年にホリプロからデビューし、国内外のライブイベントなどで勢力的に活動するJAZZバンド。
 前半はたいまつホールで、コロナ感染を防ぐため入場者を50人に限定してライブを行った。
 リーダーの秋山幸男さんを中心にオリジナル楽曲を情感たっぷりに演奏し、来場者は体を揺らして極上の音楽に浸った。
 後半は屋外のたいまつ広場で、歩道に向かって演奏を披露した。
 通行人たちも軽快に鳴り響くサウンドに引き寄せられ、50人を超す観衆がJAZZナンバーに魅了されていた。
 サプライズゲストで須賀川一中卒の音大生、上澤ほのかさん(国立音大4年)も登場し、アドリブを交えた演奏で会場を盛り上げた。