「まちなかイルミネーション」スタート

まちなかを照らし出すイルミネーション

 須賀川まちづくり推進協議会中部地区整備プロジェクト委員会(吉田伸司委員長)主催の「まちなかイルミネーション」は27日夕方に点灯され、来年1月31日まで松明通り沿いを明るく照らし出す。点灯時間は概ね午後5時から10時まで。
 「街に灯りを!街に元気を!街ににぎわいを!」を合言葉に毎年、年末年始期間に通り沿いの商店や金融機関、tetteなどの協力を得て、中町から宮先町エリアにイルミネーションを設置する取り組み。
 昨年はtette前のたいまつ広場に市民を集めて、盛大に点灯式を実施したが、今年は新型コロナ感染拡大防止のため、ウルトラFM(86・8メガヘルツ)の公開生放送を行い、広く市民に点灯の様子を広報した。

イルミネーションをバックに記念撮影する高校生

 イルミネーション点灯特別放送では須賀川市内の3幼稚園・こども園(須賀川幼稚園、天泉こども園、認定こども園オリーブの木)の子どもたちの合唱やエレクトーン奏者佐藤久美子さんの生演奏を流したほか、イルミネーション参加店が各店のPRを通して来店を呼びかけた。
 まちなかの夕暮れが一層濃くなる午後4時半にイルミネーションが点灯されると、金融機関やtetteなどの大掛かりな電飾を中心に、松明通り沿いの街路樹も色とりどりの灯りに包まれ、家路を急ぐ市民の足取りも心なしかゆっくりに感じられた。
 tetteを利用していた高校生たちも、イルミネーションを背景にスマホで記念撮影する姿も見られ、関係者からは来たる年末商戦に向けてのにぎわい創出を期待する声も聞かれた。
 なお今回のイルミネーションはウルトラFM特別放送とコラボレーションして、30日までに「ラジオを聞いた」と言って買い物をすると各店独自のサービスが受けられる。数量限定品などもあるため早めの利用を呼びかけている。
 サービス参加12店は次の通り。
サトウスポーツ、割烹万松、おしゃれ館よしかつ、マンマ鎌倉屋、ヨシグン、ホテルウイングインターナショナル須賀川、いちむら、伊東美容室、ほりえや、香伏、すかがわ観光物産館flatto(ふらっと)、八木屋金物店