天栄村のスマホでスタンプラリー始まる

 天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会の「スマホdeてんえいめぐりスタンプラリー」は20日からスタートし、観光客らがスマートフォンとパンフレットを片手に村内観光地を巡っている。
 村内の観光スポットをゲーム感覚で回ってもらうことで村への関心や愛着を高め、地域の活性化を目指すため企画した。
 村内の観光地や旅館、商店など全20カ所のうち5カ所でスタンプを獲得すると、抽選で計100人に宿泊施設ペアチケットや天栄米など豪華賞品が当たるキャンペーンに応募できる。
 スマートフォンの無料専用アプリ「COCOAR2(ココアル)」、パンフレットを使用し、羽鳥湖展望台や旅館など特定のポイントでアプリを起動し、パンフレットの当該画像(羽鳥湖展望台の画像など)を読み込むとスタンプを得られる。
 また場所によって商品の割引などお得なクーポンも獲得できるほか、謎解きゲームの出題もある。
 スタンプ全20個を集めるともれなく「ふたまたぎつねオリジナルグッズセット(缶バッジ、エコバッグ、キャンディなど)」がもらえる。
 応募は来年2月28日まで。
 パンフレットはチェックポイントなどで配布するほか、後日ホームページからダウンロード可能となる予定。
 チェックポイントは次の通り。
ブリティッシュヒルズ、エンゼルフォレスト那須白河、道の駅羽鳥湖高原、道の駅季の里天栄、羽鳥湖畔オートキャンプ場、溢れる家、寿々乃井酒造店、日の出屋、天栄湯、ひのき風呂の家分家、柏屋旅館、桂祇荘、松崎酒造、天栄米栽培研究会(上松本の田んぼ)、羽鳥湖展望台、役場、涌井の清水、ふるさと伝承館、明神滝、やすらぎ橋