天栄村第9次高齢者福祉計画策定委員会

委嘱状を受ける委員たち

 第2回天栄村第9次高齢者福祉計画・第8期介護保険事業計画策定委員会は20日、山村開発センターで開かれ、委員長に森廣志天栄ホーム施設長、副委員長に清浄精司村社協事務局長を選任した。
 同計画は高齢者が住み慣れた地域で安心して自分らしく暮らし続けるため、課題を把握し解決を図るべき政策目標を定め、実現に向けて取り組む施策を明らかにする。また高齢者介護のあるべき姿を念頭に介護保険事業の安定的な運営を目指し、計画期間中の給付を推計して保険料を推定し、中長期的な視野で高齢者介護施策の展開を図るもの。
 計画期間は令和3年度から5年度まで3年間。
 添田勝幸村長が委員7人に委嘱状を手渡し、協力を呼びかけた。
 「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」「在宅介護実態調査」の結果を確認し、計画の目次案を検討した。
 次回は来年1月に計画素案を検討し、2月に最終案を確認、3月に村議会に提出する予定。
 委員は次の通り。
▽委員長=森廣志(天栄ホーム施設長)▽副委員長=清浄精司(村社協事務局長)▽委員=本村和則(村国保診療所長)面川由佳(村地域包括支援センター所長)添田明美(村社協福祉専門員)亀森正夫(第1号被保険者)君島茂美(第2号被保険者)