25日に新春書道展の1次審査

 須賀川市子ども会育成連絡協議会(中山雄一会長)の第60回新春書道展・席書大会1次審査応募が17日締め切られ、市内の小中学生から311点の応募があった。
 1次審査は25日午後1時半から中央体育館で行われ、1月の席書大会に進出する147点が選ばれる。
 新春にあたり市内小中学校の児童生徒を対象に作品を募集し、子どもたちの豊かな情操育成を図るため毎年実施している。
 席書大会には1次審査を通過した200人前後が進出していたが、今年は新型コロナ感染拡大防止で十分なソーシャルディスタンスを確保するために進出者を147人に限定する。
 席書大会は来年1月11日午後1時から須賀川アリーナで、新春書道展は23、24日にtetteで開かれる。
 1次審査学校別出品状況は次の通り。
◇小学校(249人)▽須賀川一25人▽須賀川二32人▽須賀川三20人▽西袋一51人▽稲田学園4人▽小塩江7人▽阿武隈25人▽仁井田17人▽柏城37人▽大東16人▽大森5人▽長沼4人▽白方1人▽白江5人
◇中学校(62人)▽須賀川一7人▽須賀川二30人▽須賀川三4人▽西袋8人▽稲田学園3人▽仁井田1人▽大東5人▽長沼2人▽岩瀬2人