3日間で407人がシニアスポーツ交流

チームプレーを発揮する選手たち

 市スポーツ振興協会の第12回シニアスポーツ交流親善会は19日で全日程を終了し、25チーム、総勢407人がラバーバレーボールで楽しい思い出をつくった。
 同協会は市内在住・在勤の60歳以上を対象にシニアスポーツなどを体験する連続講座「須賀川スポーツカレッジ」を毎年実施している。
 修了者同士でシニアスポーツ団体を結成しており、大会は同団体を対象にスポーツを通じた健康増進と交流促進を図っている。
 今年は新型コロナの感染を防ぐため5、12、19の3日間に日程を分け、計407人がブロック戦で2試合を戦った。
 選手らは和気あいあいと球技を楽しみ、思い出に残るひと時を過ごした。
 B、Cブロックの成績は次の通り(Aブロックは既報)。
▽Bブロック①なごみ27②みのり28A③かがやき23A▽Cブロック①きらきら出逢い30②かがやき23B③ひかり25B