ムシテック12月後半予約プログラム

 ムシテックワールドは12月19日から27日までの工作・実験・自然体験プログラムの予約を26日から受け付ける。
 大阪府の有名ブリーダー・元木弘英さんが「福島の子どもたちを元気にしたい」と寄せたホワイトアイオオクワガタの幼虫を1組1頭ゲットできる「白い眼のオオクワガタ幼虫飼育講座」は26日午前10時20分からと午後2時、27日午前10時20分からの計3回開く。ガラスを溶かしてオリジナルのアクセサリーに挑戦する「ガラスアクセサリー作り」は24、25の両日、午前9時20分、午前11時半、午後1時40分からの各日3回。
 新プログラムは、モールを連結させて小さなクマのマスコットやストラップなどを作る「モールDEベア!」を19、20の両日、午前10時20分と午後2時から開く。
 サイエンスショーは午前10時20分と午後2時から、人数制限して実施する。
 なお今年は27日が最終日となり、来年1月は4日からオープンする。
 毎年恒例の「ムシテックドリームくじ」は4、5の両日、午前9時の開館から1日350本くじを配布し、オオクワガタやニジイロクワガタ、七宝焼やとんぼ玉などが抽選でもらえる。
 開館時間は午前9時から午後4時半。入館料は一般410円、高・大学生200円、小・中学生100円、未就学児は無料。
 問い合せは同館(℡89―1120)まで。
 予約プログラムは次の通り。
◇工作プログラム▽19、20日=ポップアップカード▽24、25日=グニャグニャ凧▽26、27日=フリット七宝
◇実験プログラム▽19、20日=ラムネの科学▽24、25日=ガラスアクセサリー作り▽26、27日=ポップコーンのはじける科学
◇自然体験プログラム▽19、20日=モールDEベア!▽24、25日=万年カレンダー▽26、27日=白い眼のオオクワガタ幼虫飼育講座