高校生考案の防災食「鏡石リゾット」

3種類の鏡石リゾットを試食する遠藤町長ら

 鏡石町は郡山女子大付属高(佐々木貞子校長)の食物科3年生の協力を経て、地産地消の防災食として、町特産品を使用したレトルト食品「鏡石リゾット」などを考案し、18日、商品開発試食会を町役場で開いた。
 鏡石リゾットは町特別栽培米コシヒカリ「牧場のしずく」と
岩瀬キュウリを使用し、素材の良さを生かしながら味にもこだわり、和風、中華風、洋風(トマト味)の3種類を開発、商品化する。
 遠藤栄作町長は「今後さらに交流を深め、町の美味しい特産品を使った商品を開発し、町の魅力を広めていきたい」と話し、試食後に味や商品パッケージについて意見を交換した。
 町は郡山開成学園と「食と健康」の分野で協定を結んでおり、町特産品を使った6次化商品の開発を依頼していた。来年1月下旬に鏡石舘でお披露目会を開き、鏡石まちの駅「かんかんてらす」などで販売を開始する。
 イチゴを使ったマドレーヌやル・レクチェのパウンドケーキ、リンゴのどらやきなどの開発にも取り組んでいる。