フロンティア

No.48

よしだ たかまさ吉田尚正さん(59)

吉城光科学 社長 須賀川市横山町


一貫生産で世界一目指す

新商品開発にも力注ぐ

 世界ナンバーワンを目指し最先端の技術へ磨きをかける吉城光科学は、 令和元年に創業50周年を迎えた。 2代目の尚正さんは携帯用液晶保護シートなどを製品化し、 さらに取引企業を増やすために、 技術の向上を図っている。
 同社の特色である 「ガラス元板を切断・研磨・蒸着に至る一貫生産が競争力の高い極限の精密加工製品を仕上げることが出来る」 と話す。
 中国、 ベトナムなど5つの生産工場を持つが、 新型コロナ禍で現場に行けず、 ウェブで情報交換を行い、 「技術とノウハウを各拠点で共有し、 乗り越え取り組むしかない」 とも。
 社員は須賀川に115人、 海外には1000人いるため、 新たな商品開発に力を注ぎ新分野への進出も進めている。
 趣味はゴルフ、 読書と奥さんと一緒に楽しむ映画観賞。
  「社員との親睦を深めるために毎年、 15年勤続者の家族を招待しての食事会と全社員とは暑気払いや忘年会を開き交流することを大切にしている」 と笑顔を見せる。