ふくしま駅伝は須賀川市が総合6位

ふくしま駅伝_須賀川 ふくしま駅伝_鏡石 ふくしま駅伝_天栄 第32回ふくしま駅伝(市町村対抗県縦断駅伝競走大会)は15日、郡山ヒロセ開成山陸上競技場をスタートし、福島市の県庁まで9区間50・2㌔のタスキリレーを展開し、須賀川・岩瀬勢の3チームが力走をみせた。
 県内50チーム(連合含む)が出場し、須賀川市が総合6位(2時間39分31秒・市の部5位・前回総合5位)、鏡石町が総合15位(2時間45分35秒・町の部5位・前回総合14位)、天栄村が総合34位(2時間59分52秒・村の部7位・前回総合31位)と健闘した。
 個人成績では2区吉田翔真選手(須賀川・西袋中3年)、9区石井智大選手(鏡石・かがみいしSC)がそれぞれ総合区間賞でチームに貢献した。
 そのほか2区増子陽太選手(鏡石・鏡石中1年)が町の部、1区岩崎麻知子選手(天栄・学法石川1年)が村の部で区間賞となった。
 今年の大会は新型コロナの感染を防ぐため、例年より区間を短縮し、沿道での応援も自粛を呼びかけての実施となった。
 選手らはテレビやラジオ、インターネットを通した応援の声を背に、感動のタスキリレーを展開した。
 須賀川・岩瀬勢で区間総合10位以内受賞者の個人記録は次の通り。
▽1区(4・7㌔)④岩崎麻知子(天栄・学法石川1年)15分33秒⑨大森美優(須賀川・田村高3年)16分1秒▽2区(3・0㌔)①吉田翔真(須賀川・西袋中3年)9分21秒⑤増子陽太(鏡石・鏡石中1年)9分40秒▽4区(3・9㌔)⑥鈴木奏真(須賀川・仁井田中3年)12分22秒▽5区(7・0㌔)⑧横田星那(須賀川・田村高2年)21分47秒▽7区③海村蓮(須賀川・田村高3年)17分13秒▽9区①石井智大(鏡石・かがみいしSC)25分4秒⑥加藤将士(須賀川・自衛隊郡山)26分5秒