県立高校特色選抜の定員決まる

高校推薦

 県教委は11日、来春の県立高入試前期選抜特色選抜(自己推薦)募集定員枠を発表した。須賀川・岩瀬管内5校のうち、長沼高は昨年の40%から10%に減らした。そのほかの学校は昨年と同数となった。
 特色選抜は受験生の個性や学ぶ意欲を重視するもの。今年は部活動の大会が中止となっているため、1、2年時の大会成績を評価対象とする。
 管内5校の定員総数は1000人で、清陵情報高情報電子科が昨年から定員を40人減らした。
 出願期間は来年2月4日から9日まで、試験は3月3日から5日まで、合格は15日に発表する。
 募集定員に満たなかった学校は16、17の両日に後期選抜の出願を受け付ける。
 管内5校の特色選抜枠は表の通り。