岩瀬農業高が全国で準大賞に輝く

ハキハキと発表する生徒たち

 岩瀬農業高(髙橋豊治校長)のヒューマンサービス科農福連携実践班は9日、オンラインで行われた第2回全国農業高校生農業アクション大賞で準大賞に輝いた。
 同班は「ある農業高校生が地域のカタチを考えたら農福連携になった」を題に、障がいのある人が農業に携わる農福連携に関して、耕作放棄地などを活用し、ともに耕す活動を通して、障がい者の力を生かせる場をつくることや農業後継者不足の解消など課題解決に向けた活動についてプレゼンした。
 同科3年の荒井響希さんは「取り組みを発表できてよかった。今後も農福連携を拡大し、多くの人に伝えたい」、尾形梨那さんは「みんなと協力しながら素晴らしい発表が出来てよかった。もっと普及できるよう頑張りたい」、深谷晴彦さんは「準大賞をとることが出来てうれしく思う。後輩たちには農福連携を広め、大賞をとってもらいたい」と語った。
 同大賞は全国農業協同組合中央会、毎日新聞社の主催、3年間にわたる農業高などの高校生たちがグループで取り組む食や農に関するプロジェクトや課題研究を支援している。
 2018年から2020年までの活動が審査対象で、78組の応募があり7組が最終選考に残っていた。教育評論家の尾木直樹さんらが審査し、大賞1組、準大賞2組を選出した。