空のみちウオークに500人

紅葉を眺めながらウオーキングを楽しむ参加者たち

 福島県都市公園・緑化協会の第13回福島空港公園空のみちウオーク2020は8日、500人が参加して、福島空港公園特設コースで行われ、青空の下で自然を満喫し楽しんだ。須賀川市民歩こう会、福島民報社の共催。
 新型コロナ禍の観点から出発式を省略し、空港公園1周コースのみで、スタートを3回に分散化するなどの対策を講じた。
 検温、問診表を記入し受け付けした後、スポーツエリアをスタートし、福島空港道路のケヤキ並木を通り、エアフロントエリア、空港滑走路が見渡せる空港公園周辺の12㌔コースを、軽やかな足取りで紅葉を眺めながら歩いた。
 参加者全員にエコバッグ、記念バッジ、リンゴ、飲料水などの記念品がプレゼントされた。