火災予防絵画・ポスター入賞者を表彰

水野消防長から優秀賞を受ける受賞者

 須賀川地方広域消防本部(水野弘美消防長)の火災予防絵画・ポスターコンクール表彰式は4日、消防本部講堂で行われ、優秀賞受賞12人に賞状と記念品が贈られた。
 子どもたちの作品を通して防火意識の高揚と普及啓発を図るため昭和62年に始まり、今年度は須賀川・岩瀬・石川地方の幼稚園・保育所・小学校・中学校から791点の応募があった。
 審査会は9月9日に行われ、深谷滉須賀川美術協会長らが審査し、優秀賞12点、入選68点を選んだ。
 優秀賞作品は来年度の防火ポスターに掲載し、消防本部は1500枚を作成して、管内の学校や事業所、公共施設などに掲示して火災予防を啓発する。
 表彰式は水野消防長が優秀賞12人(受賞者は既報)に賞状などを贈り、審査員を代表して深谷美術協会長が講評した。
 受賞者代表の根本茉莉沙さん(須賀川一中3年)が火災予防宣言を発表して、予防意識高揚を呼びかけた。