消防本部「NET119」スタート

手話とスライド資料で説明する署員

 須賀川地方広域消防本部は11月からインターネットを通じて119番通報できる「NET119」緊急通報システムを運用開始した。説明会は31日、同本部で開かれ、約10人が署員らのサポートを受けながら登録手続きまで行った。
 同システムは聴覚や言語機能に障がいを持ち音声通話が困難な人も、火災や急病など緊急時にスマートフォンなどからインターネットを利用し、いつでも全国どこからでも、通報場所を所管する消防本部に通報できる。
 利用対象は同本部管内在住で、身体障がい者手帳が交付されているか、音声通話による緊急通報が困難と同本部が認めた人。
 通報時にスマートフォンのGPS機能で位置情報を取得するため、簡易に場所を伝えることができる。
 通報後の本部とのやり取りはチャット形式で行い、必要な際はカメラ機能で撮影した画像も送れる。
 また音声読み上げ機能で周囲の人に代理通報を依頼したり、選択肢を選ぶだけの通報もできる。
 説明会は手話サークル「あゆみ会」の3人が協力し、署員の口頭による説明を手話で通訳した。
 なお今後も各市町村で説明会を実施し登録や実際の通報方法などを教え、万が一に備えた登録を促す。
 問い合わせは警防課通信指令係(℡76-3111)まで。