28日に新虹の台マレットゴルフ場記念式典

新しく整備された虹の台マレットゴルフ場

 須賀川市虹の台のムシテックワールド東側に建設された新しい虹の台マレットゴルフ場のオープン記念式典は、28日午前10時から行われる。
 虹の台マレットゴルフ愛好会の主催、市マレットゴルフ協会の共催。両会員、来賓、関係者、虹の台住民ら約100人が出席する予定。
 草野勝明虹の台マレットゴルフ愛好会長があいさつし、来賓の橋本克也市長、五十嵐伸市議会議長、地元市議らが祝辞を述べる。
 記念植樹、コース開き(くす玉割り)などが行われ、オープンを祝う。
 地域に根差した新たなコースとして愛され、さらなるスポーツ振興と発展に寄与するものと期待が寄せられている。
 同ゴルフ場は昨年6月に着工し、今年3月末に完成した。4月中旬に落成祝賀会が予定されていたが、新型コロナウイルス感染の影響で中止していた。
 36ホールが整備され、平地のアヤメコース(延長387㍍)、ヒマワリコース(延長398㍍)、山間の宇津峰コース(延長419㍍)、羽山コース(延長412㍍)の4つのコースのほかに、駐車場・広場、トイレ、水飲み場、物置、あずま屋などが設けられた。