いわせ悠久まつり大花火大会5000発

大迫力の花火が打ち上げられた「いわせ悠久まつり」

 いわせふるさとづくり実行委員会(糸井一郎会長)の、「いわせ悠久まつり2020」は25日、今泉地内で大花火大会のみが行われ、5000発が岩瀬の夜を鮮やかに飾った。
 岩瀬地域の豊かな自然と文化活動、温かな人柄・人情を広域的に発信し、地域住民総参加のにぎわいの場を創出し、地域振興の一助とする目的に、毎年秋の一大イベントとして人気を集めていたが、今年はコロナ禍で「3密」を避けるため大花火大会のみとした。
 同委員会は現状を踏まえ元気と希望を与えようと、創作スターマインなど大迫力の花火が午後6時から約20分間、5000発打ち上げられた。
 花火を見た人たちは「最高の花火ですごい」「元気をいただいた」と見事な花火に喜んでいた。