ムシテック写真コンテスト入賞者

髙木君の「ジョウカイボンのほ食」

 ムシテックワールドの写真コンテストの審査会は23日に開かれ、最高賞の養老孟司館長賞に髙木敢太君(古殿町・9歳)の「ジョウカイボンのほ食」、阿武隈時報社賞に今野智也君(須賀川市・10歳)の「昆虫クライミング」が選ばれた。
 コンテストは昆虫の写真撮影で科学や昆虫への興味・関心を高めることなどを目的に始まり今年で3回目。
 7月から9月にかけ県内外の小中学生64人が県内で撮影した昆虫の作品を寄せた。
 審査は須賀川青年会議所やマスコミ、同館スタッフら12人が行い、トンボやセミ、カブトムシ、バッタ、カミキリムシなど昆虫の様々な表情を見事に切り取った力作に関心を寄せていた。

髙木君の「ジョウカイボンのほ食」

 表彰式は12月12日午後0時半から同館サイエンスステージで行われ、同日から作品を展示する。
 入賞者は次の通り。
▽養老孟司館長賞=髙木敢太(古殿町)▽福島民報社賞=上杉悠太(郡山市)▽福島民友新聞社賞=宗像優奈(同)▽マメタイムス社賞=芦田紘太郎(須賀川市)▽阿武隈時報社賞=今野智也(同)▽須賀川青年会議所賞=渡邉灯真(郡山市)▽ムシテック賞=土屋湊太(同)手塚麗央奈(福島市)上田航平(郡山市)▽入賞=阿部真明(本宮市)手塚吏伸(福島市)円谷百花(須賀川市)芳賀悠真(浅川町)國井結芽(須賀川市)