防犯対策DVDを幼稚園など配布

防犯DVDなどを園児に手渡すボランティアたち

 須賀川署は防犯教室で実施している少年警察ボランティアの寸劇「不審者への対応方法」を録画したDVDを制作し、管内の保育所、幼稚園34園に配布している。
 新型コロナウイルスやインフルエンザの感染拡大が懸念される中、防犯教室で実施している内容を映像化して伝えることで、危険な犯罪から身を守るための方法を子どもたちに教える。
 寸劇はボランティア団体のセーフティーレディ、鏡石元気隊の計8人が協力して9月末頃に収録した。
 見知らぬ人に声をかけられてもついていかない、距離をとって会話する、危険を感じたら大きな声で助けを呼ぶなど具体的な対策法をわかりやすく伝える内容に仕上げた。
 配布は19日から始まり、同日は鏡石幼稚園に石堂正章須賀川地区少年警察ボランティア協会長ら3人と須賀川署員2人が訪問し、子どもたちにDVDと安全を呼びかけるメッセージを届けた。