21日に円谷メモリアル花火打ち上げ

 天国に届く花火を打ち上げ、郷土の英雄・円谷幸吉選手にありがとうのエールと、円谷選手の活躍を後世に伝えるための「円谷幸吉メモリアル花火」は21日午後7時から須賀川・岩瀬の5地区で一斉に打ち上げられる。
 円谷選手の後輩に当たる須賀川高同窓会有志を中心とするメモリアル花火を打ち上げる会(小栗山茂会長)の主催。
 新型コロナで東京2020大会が延期し、円谷メモリアルマラソンも中止となる中、円谷選手の偉業を後世に伝え、来年の東京2020大会が無事に開催できることを願い、「希望の花火」を打ち上げようと同窓会有志が企画した。
 打ち上げは56年前に円谷選手が東京オリンピックの舞台で銅メダルを手にした記念すべき日に合わせ、約5分間、須賀川、長沼、岩瀬、鏡石、天栄の5地区で同時に点火する。
 企画実現に向け多くの企業や団体、市民が寄付金を寄せた。