天栄村消防団の秋季検閲式

検閲式で精勤章などを受ける団員

 天栄村消防団(常田広美団長)の秋季検閲式は18日、村役場駐車場で行われ、団員78人が村民の生命と財産を守るための備えを確認した。
 新型コロナ対策として参加は副班長以上に限定した。団旗登壇、国歌斉唱などのあと、添田勝幸村長、服部晃村議会議長らが通常点検、機械器具点検の検閲を行った。
 添田村長は「団員の統率のとれた姿に訓練の積み重ねを感じ、力強く思う。今後もいつ発生するかわからない災害に備え、村民の生命、身体、財産を守る重大な使命に対し、団長中心に、なお一層一致団結して励んでほしい」とあいさつした。
 常田団長は「コロナの影響で行事なども中止が続いているが、対策を万全にした上で日々訓練を行い、大規模災害などから村を守るため万全を期すようお願いする」と訓示した。
 来賓の服部村議会議長、玄葉光一郎代議士、水野弘美消防長、菅野尊典須賀川署長が来賓祝辞を述べ、団員に災害予防を呼びかけた。
 また消防庁長官表彰、県消防表彰、日本消防協会定例表彰、県消防協会定例表彰を披露し、村消防表彰が代表の隊員に送られた。
 村消防表彰受章者は次の通り。
▽精勤章=星裕二、大木翔太、小針臣平、坂本卓也、渡部智浩、佐藤輝昭、廣瀬真一、大野宏樹、瀬和幸司、吉田浩基▽勤続章=大河原普、大須賀一成、大須賀裕紀、大須賀政勝、大平雄介、金子勝也、小板橋英寿、金子正人、蕪木尚樹、渡部健、内山裕貴