須賀川市本庁舎の避難訓練

3階給湯室を屋内消火栓で初期消火

 須賀川市の本庁舎避難訓練は14日、窓口対応業務にあたる職員らを除き火災発生時の的確かつ迅速な対応を経験する目的で今年も実施した。
 市庁舎3階給湯室の漏電による火災発生を想定し、消防法の規定に基づいて、119番通報や火災通報ベル、屋内消火栓での初期消火などを通して職員の防災避難意識高揚を図った。
 火災発生の庁内放送を聞いた職員たちは、庁舎西側の防災広場に向かって階段を使って避難し、逃げ遅れた職員は救助袋やはしご車での高所避難を行った。

はしご車を使って高所避難

 防災広場では点呼や水消火器を使った初期消火を訓練し、須賀川消防署員の指導を受けながら、万が一に備えた対応を体験していた。