天栄村初のドライブインシアター

ワークショップに挑戦する親子

 天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会(松崎淳一会長)の「星空ドライブインシアターinてんえい」は10日、村役場駐車場で開かれ、村を舞台にした映画「恋愛奇譚集」の観賞やワークショップなどで盛り上がった。
 山村開発センターに張り出した大型スクリーンに映画を映し、来場者は自家用車の中からFMを使って音声を聞いた。
 松崎会長が「新型コロナで各種イベントが中止となる中、新しい方法で元気を届けたいと企画した。ぜひ楽しんでほしい」とあいさつした。
 サプライズ企画として、村出身の俳優・和田聰宏さんがビデオメッセージを寄せ、「恋愛奇譚集は村の魅力を伝えながら、そこで暮らす人たちを描いた群像劇で楽しんで観てもらいたい」と述べた。また村の応援としてユーチューブに投稿した動画を紹介した。
 映画は平成29年公開の「恋愛奇譚集」のほか、宮崎駿、高畑勲コンビが昭和47年に手掛けた「パンダコパンダ」を上映した。
 来場者は拍手の代わりにハザードランプを点灯させ、感動を表現していた。
 そのほか箸作りと二岐温泉水を使った石鹸作りのワークショップ、同協議会オリジナルのふたまたぎつねのホットサンド、きつねうどん、きつねキャンディーの販売なども好評を得ていた。