ANA11月から全便再開

 全日本空輸(ANA)は、福島空港を発着する国内路線について、11月から全定期便を再開すると発表した。
 新型コロナの影響で需要が減り、これまで大阪(伊丹)路線1往復2便を運休していた。同社単独の全便がそろうのは3月以来となる。
 なお県とANAは来年1月31日まで「おトクに福島 おトクな福島キャンペーン」を展開し、福島空港発着ツアーの利用者に100万マイル山分けやレンタカーガソリン満タン返し不要などの特典をつけ、空港の利用活性化を目指している。
 なお共同運航しているアイベックス便の予定は後日発表される。
 11月からのANA単独定期便は次の通り。
◇福島―大阪間(2往復)▽福島発=午前8時5分(1日のみ運休)、午後5時15分▽伊丹発=午前7時50分、午後7時15分
◇福島―札幌間(1往復)▽福島発=午前9時35分▽新千歳発=午後3時10分