23日から須賀川牡丹園は「紅葉月間」

 須賀川牡丹園は23日から秋の紅葉シーズンに合わせて「紅葉月間」と銘打ち、各種イベントを実施して牡丹園の新たな魅力を発信していく。
 牡丹園中央の池の周りをメーンに園内は10月下旬ごろから色とりどりの紅葉が見頃を迎え、春だけでなく秋の来園者も年々増えている。
 牡丹会館内ピオニーホールで11月27日まで企画展示「牡丹園の歴史展」を開き、懐かしい写真や文献を紹介する。
 同館多目的ホールでは23日から25日まで写団ぼたんの写真展を、31日から11月8日まで玉川村の道の駅に蕎麦屋を出店する富貴亭が臨時食堂を31日から11月8日まで開店する。
 市フラワーセンターは27日から11月1日まで「秋の彩りと香り展」を開く。モミジや岩ヒバ、サクラなど色づく木々をアレンジして飾り付け、里山の風景を再現した盆景を楽しめる。
 牡丹園「紅葉月間」期間中の土曜・日曜・祝日は会館前広場にキッチンカーが出展するほか、31日から11月3日はデモンストレーション用のまんじゅう蒸し器を設置して物販を行う。
 天寿を全うした牡丹の古木や枯れ枝を火にくべる牡丹焚火は11月21日午後4時半から園内で開く。