岩瀬農業高おもしろ講座開講

あんぱん作りに挑戦する受講者

 岩瀬農業高(髙橋豊治校長)のおもしろ講座「あんぱんの製造体験をしよう」は2日、同校調理室で開かれ、9人が受講し、食品科学科3年生4人の指導のもと作り方を体験した。
 事前に生徒たちが準備した強力粉と薄力粉で作られた生地と丸めたあんを、2つのグループに分かれて包む「成方」、2次発酵、オーブンでの「焼成」に挑戦した。
 あんを生地に包む作業では、一度生地が破れてしまうと修復が不可能なことから、受講者たちは生徒らにあんヘラの使い方や上手に包むコツを聞きながら真剣な表情で取り組んでいた。
 おもしろ講座は、 地域住民を対象にした学校開放講座で、同校生徒や教諭が講師を務め、各学科1講座ずつ担当する。次回は11月6日に園芸科学科の「家庭での果物のせん定」を開講する。