特撮アーカイブ怪獣名称1956通の応募

約2000通の名称応募があったアーカイブ怪獣

 須賀川の特撮文化発信拠点として11月3日のオープンが待ち望まれる「須賀川特撮アーカイブセンター」。市は建物北面に描かれたオリジナル巨大シルエット怪獣(実寸縦9㍍×横27㍍)の名称を募集し、市内小中学生などから1956通の応募があった。
 特撮アーカイブセンターは特撮技術の保存と継承を目的に旧岩瀬公民館を改装して開設する。北面の巨大シルエット怪獣は市オリジナルで、施設PRの要として様々な展開を考えている。
 市は市内小中学校などに応募箱を設置して名称と一緒に弱点や必殺技などの特徴も募集した。
 2015年から特撮作品保存に関して連携するNPO法人アニメ特撮アーカイブ機構(通称ATAC)が審査にあたり、11月のオープニングセレモニーに合わせて最優秀賞をはじめ各賞受賞者を決定し表彰する。