レンジですぐに美味しい天栄米

9日に発売するレンジアップご飯天栄米

 日本一の呼び声が高い天栄米の新たな取り組みとして、村ブランド化推進協議会は9日から「レンジアップご飯『天栄米』」を村内道の駅で発売し、より手軽に楽しめる天栄米を広める。
 村の豊かな自然と農家らの熟達した技術と努力によって育まれる天栄米は昨年、米・食味分析鑑定コンクール・国際大会の最高部門にあたる国際総合部門で10回目となる金賞を受賞するなど、村内外から高い評価を得ている。
 レンジアップご飯は天栄米を手軽に味わってもらい、消費を拡大するために開発した。
 米のつやと味わいある歯ごたえが特徴の「漢方環境農法天栄米」(コシヒカリ)、もっちりとした食感で冷めても美味しい「天栄米ゆうだい21」(ゆうだい21)の2種類で、1パック150㌘入り390円(税込み)。
 道の駅季の里天栄、羽鳥湖高原で販売する。