ぼたんRC「よい歯の笑顔写真コンテスト」

永瀬校長に事業を説明する郡部会長(左)

 須賀川ぼたんロータリークラブ(郡部仁喜会長)は1日から、須賀川・岩瀬地方3市町村在住の子どもたちを対象に「よい歯の笑顔写真コンテスト」を行う。11月1日まで作品を募集し、審査により特別賞受賞3作品には人気ゲーム機や巨大テディベアなどを副賞で贈る。
 また入選73点(入賞25点、後援団体賞45点、特別賞3点)に選ばれると、応募写真入り特製2021年1月カレンダーに印刷される。
 ぼたんRCは毎年、特別養護老人ホームでのそば打ちなどの奉仕活動を継続してきたが、今年は新型コロナ禍でそれらの活動が出来ず、地域の子どもたちのためにできることをと「写真コンテスト」を企画した。
  地域の子どもたちの笑顔を集め、社会が明るくなるよう願いを込めて、「歯をきれいにしようとする気持ち」を大切に育て、全身の健康の維持・増進を図っていきたいと参加を呼びかける。
 応募対象は須賀川・岩瀬地方3市町村在住の、歯が生えている幼児(何カ月・何歳でも可)から小学生児童までとし、きれいな歯が見える笑顔の写真(胸から上)、参加者1人1枚のみ受け付ける。
 応募は専用メールのみで受け付け、作品には必ず氏名、連絡先(住所・電話)、写真タイトル、被写体の子どもの年齢と名前(賞状授与のため)を記載する。審査後、入選作品はtetteで11月25日から29日まで展示し、応募作品は同コンテストホームページでも掲載する。子どもの名前など個人情報は一切公表しない。
 審査会は11月11日にぼたんRCで第1次選考を行い、入選73点を選ぶ。同18日にホテルサンルート須賀川で須賀川市や阿武隈時報社など後団体を迎えて入賞・特別賞などを改めて選ぶ。
 審査結果は11月20日以降に発表し、同29日正午からtetteで表彰式を行い、入賞者へ賞状や記念品(カレンダーや歯磨きセットなど)を贈る。
 応募はコンテスト専用アドレス(egao@sukagawa-botan-rc.org)のみで受け付ける。
 ぼたんRCの郡部会長、大内道男幹事、味戸雄二郎庶務は30日、須賀川一小を訪ね、永瀬功一校長に写真コンテストの概要を説明して子どもたちへの周知と協力を求めた。