天栄村小中学校統合校の位置など意見交わす

出席者に協力を呼びかける天野委員長

 少子化に伴い広戸・大里・牧本の小学3校の統合などに向けた天栄村小中学校統合委員会の第2回会議は29日、文化の森てんえいで開かれ、統合新校建設位置を役場・天栄中周辺としたいなどとしたアンケート結果をもとに議論を深めた。
 同委員会は昨年度に開かれた小中学校のあり方検討委員会で提出された答申を基に、①新校舎建設用地及び建築、学童保育施設②旧校舎の利用③湯本中の存続及び統合④保育所・幼稚園の教育環境整備⑤そのほか統合に向けて必要な事項―5点を協議している。
 委員15人が出席し、久保直紀村教育長、福島大特任教授の天野和彦委員長のあいさつに続き、統合新校における学校づくりの理念と方針、新校建設位置、統合後の校舎、敷地利用など意見を交わした。
 協議は委員、保護者、教職員を対象に7月までに実施したアンケート調査を基に進めた。
 アンケートでは、新校建設位置は「役場や天栄中の周辺もしくは、天栄中と同一敷地」「防災面で安全性の高い場所」を希望する声が多かった。
 学童保育や放課後子ども教室は子どもの安全で健やかな居場所づくりのため設置が期待されている。
 保育所・幼稚園は「保育所を移転し、保育所と幼稚園を同一敷地にする」「認定こども園化を視野に入れる」「小・中学校に近い位置に設置する」などの希望が上がった。
 統合後の広戸・大里・牧本小校舎や跡地は地域の要望を優先した有効活用に向け、情報収集と検討を続ける。
 委員らはアンケートで出された要望を基に、子どもたちが自らの手で幸せを切り開く力を身につけていくためのよりよい教育環境のあり方や地域と学校が一体となって進める持続可能な活力ある学校づくりに向け、活発に意見を交わした。
 次回は10月27日に委員会を開き、これまでの協議内容をまとめた「意見・要望書」を確認し、久保教育長に提出する予定。