9日「風流のはじめ館」オープン

「風流のはじめ館」オープンチラシ

 須賀川市の新たな文化発信拠点「風流のはじめ館」は、10月9日午前11時から開館記念式典を開く。オープニングイベントは同館多目的広場などで古寺山自奉楽、琴・尺八の演奏、呈茶などを催す。
 「風流のはじめ館」は本町の旧須賀川郷学所に建設し、市芭蕉記念館の後継施設として俳句文化関係の資料展示や市内で活動する文化活動団体の活動・発信拠点としての活用が期待される。
 施設名称の「風流のはじめ」は、江戸時代に俳聖松尾芭蕉が奥の細道で須賀川に立ち寄った際に詠んだ「風流のはじめやおくの田植え唄」になぞらえて命名された。
 施設は3つに大きく分かれ、偉人顕彰・文化伝承スペースなどの「芭蕉・等躬の庵」、多目的室や土間ラウンジなどの「郷学の間」、季節の移ろいを感じる里山庭園の「四季彩の庭」となる。
 開館記念式典は、橋本克也市長のあいさつ、建設請負業者らへの感謝状贈呈、関係者によるテープカットを行い、終了後にオープニングイベントを予定している。
 また同日は午後1時半から郷学の間で佐藤勝明和洋女子大教授の記念講演会「風流の初~須賀川の等躬・芭蕉と『奥の細道』」を開く。講演は事前申し込みで定員30人。問い合わせはこぷろ須賀川(℡94―6590)へ。