労基協会の安全・衛生功績者決まる

 須賀川労働基準協会(神田雅彦会長)は長年安全衛生推進に貢献した「安全功績者」と「衛生功績者」16人を決定した。
 事業者と個人を表彰し、地域全体の産業安全衛生の意識向上と相互理解を深める目的で、毎年表彰している。
 今年は新型コロナウイルス感染予防のため地区産業安全衛生大会は中止し、事業者表彰は行わず、個人表彰のみ各事業所からの推薦者を理事会が承認し決定した。
 10月以降に同協会事務局が各事業場を訪問し、表彰状と記念品を贈る。
 受賞者は次の通り。
▽安全功績者=久保木剛(岩通マニュファクチャリング)新井田哲也(公立岩瀬病院)木戸裕勝(同)齋藤直也(第一精機浅川工場)大内正規(TBK福島工場)田中恒治(東京精工)石本竜也(東北須賀川電工)吉田和正(ニプロファーマ鏡石工場)髙倉恵里子(ホワイトプロダクト福島工場)▽衛生功績者=松崎真記(ジョンソン&ジョンソン)矢吹勝行(第一精機浅川工場)熊田雄一郎(TBK福島工場)横田良太(東京精工)江川智也(東北須賀川電工)遠藤なるみ(ニプロファーマ鏡石工場)塩田清美(ホワイトプロダクト福島工場)