24日から台風12号に注意

 台風12号は24日から25日にかけて、須賀川・岩瀬地方をはじめ東北地方に接近するおそれがある。23日午前6時に発表された進路予想では房総半島南の太平洋上から三陸沖へ北上し上陸する可能性は低そうだが、東北の多いところで2日間の総雨量は200㍉に迫る予報もある。
 台風周辺の湿った空気が西日本から東日本の太平洋側に伸びる秋雨前線に向かって流れ込み、前線の活動が活発になるため、台風が近づく前から大雨への警戒が求められる。
 台風接近に伴って大気の状態が非常に不安定となるため、雷を伴った激しい雨が降るところもある見込みで、土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要になりそうだ。
 台風12号の勢力は23日午前6時45分現在で中心気圧975hPa、最大風速は中心付近で30㍍毎秒、時速20㌔で移動している。
 上陸こそしない予報だが、台風が接近する25日にかけて強風と強雨に警戒が必要で、須賀川・岩瀬地方3市町が改訂した、防災ハザードマップを事前に確認して、避難経路や避難所の確認、家屋周辺の風で飛ばされそうなものの補強など準備を整えておくこと。