18日に須賀川市発明展の審査

 第65回須賀川市発明展は19、20の両日、tetteで開かれる。市内児童生徒の作品は8校から39点の応募があった。18日午後に審査を実施し、市長賞はじめ各賞を決定する。

 発明展は市民の創意工夫と努力の積み重ねから生まれた作品や発明考案品などを一堂に展示し、広く一般に紹介して科学技術の振興と産業の発展に寄与するため毎年作品を募ってきた。
 発明展は一般・教職員らを対象とする第1部、小中高校の児童生徒の第2部に分けて作品を募集したが、今年は新型コロナ禍で夏休みが短くなったなどの影響で全体的に応募数が減少し、一般からの応募はなかった。