北海道産特産品の予約販売会

購入した商品を確認する予約者

 長沼観光物産振興協会(赤羽隆会長)は12日、北海道夕張郡長沼町の特産品予約販売会を長沼市民サービスセンター前駐車場で開いた。
 ジャガイモ(きたあかり、メークイン)各10㌔計234箱、玉ねぎ10㌔136箱、ロースジンギスカン1㌔75箱、特上ラムジンギスカン1㌔280箱の事前予約品を販売した。
 小雨が降る中、販売開始の午前9時半には行列ができ、予約者は引換券を受け付けで手渡し後、販売員と購入した商品を確認し、車に積み込んでいた。
 予約者は「去年購入して美味しかったので、今年も予約しました。煮物にして食べたいと思います」と話した。
 旧長沼町と北海道長沼町は平成9年に友好親善を宣言し以降、都市間交流を毎年繰り返し、友好を深めている。