新型コロナによる商工会議所会員の影響調査

 須賀川商工会議所は30日まで、「新型コロナウイルス感染症による会員事業所影響調査」を実施し協力を呼びかけている。
 新型コロナは収束への目途が未だ立たず不透明な状況が続いているため、会議所は従来の支援に加えて今後の変化に対応した的確な支援策への取り組みを促進するためにアンケート調査を行う。
 調査票は会員事業者に配布した今月の会報に同封されており、期日中のFAX(76―2127)での回答を求めている。
 影響調査アンケートは全9問あり、前年同月比の売り上げへの影響、現在の営業状況、雇用状況などへの影響、今後の営業継続などを質問し、最後に商工会議所や行政への要望欄も設けた。
 会員事業所全業種の現状把握が必要不可欠であり、調査回答票への記入と返信への協力を呼びかけている。問い合わせ商工会議所総務課(℡76―2124)まで。