JT跡地物流施設は1月稼働

 須賀川市9月議会一般質問2日目は9日、深谷政憲議員が登壇し、JT跡地整備の進捗状況を質問した。
 工事中のJT跡地は大和ハウス福島営業所が整備にあたり、物流施設ゾーンは12月竣工し、来年1月の稼働の見込み。製造施設ゾーンは自動車関連会社が1区画進出し、6月から着工し来年8月からの操業を予定している。残りの区画は新型コロナの影響を受けていると説明した。